肌荒れ

肌荒れさせないためのスキンケア法

 

肌荒れさせないためのスキンケア法は、朝の洗顔はちゃんとすることです。汚れを落とすうえでとても大切です。肌に汚れを蓄積させないため、朝の洗顔はしっかり習慣づける必要があります。
洗顔するときのお湯の温度は30〜32度くらいがよく、乾燥しやすい目元や口まわり、頬は洗顔料をよく泡立て、指が肌に直接触れないよう泡でころがすように洗います。肌荒れさせないためには、肌に優しい商品を使用する必要があります。

 

できるだけ、余分な成分が入っていない肌に優しいモノを使いましょう。肌につけてしみる化粧水はムリにつけないようにする必要があります。つけてしみないクリームを使うようにすることが大事です。

 

しみるときは、スクワランなど皮膚への刺激がほとんどない、エモリエント効果に優れているものを使うようにします。また、オイルクレンジングや油性ジェルは、普段のメイクを落とすのに毎日使うのは厳禁です。そうすると乾燥肌になって肌荒れになってしまうので、クレンジング料は、クリームタイプか乳液タイプ、あるいは水性ジェルタイプのものを使うようにしましょう。

 

肌荒れを改善するためのスキンケア法

 

肌荒れを起こさないために普段から摂取しておきたい栄養素は、どのようなものがあるのかというと、肌荒れに効く栄養素は、ビタミン、コラーゲン、イソフラボン、発酵食品などです。ビタミンを摂るには野菜がおすすめです。キウイや柿、いちごなどの果物にもビタミンは豊富なのでおすすめです。コラーゲンを摂るには、魚を摂ると良いでしょう。そして、豆腐や味噌汁を毎日摂れば、イソフラボンを補給できます。

 

大豆食品をしっかり摂ることです。発酵食品の代表的なものと言えば、納豆やヨーグルトがあります。これらの栄養素を普段からバランスよく摂取すれば、肌荒れを起こしにくくなります。
肌荒れは、普段の食事の栄養バランスが偏っていることで起こるので、バランスよく栄養を摂っていく必要があります。肌荒れで毛穴が開いてしまって黒ずんでいる人は、ビタミンB1やビタミンB2を摂るようにするとよいので、ピーナッツや海苔、卵などがおすすめです。
肌がくすんでいるなら、ひじきや魚、あさり、小松菜、高野豆腐などで、鉄分を摂ることです。乾燥肌の人は、人参やかぼちゃ、ほうれん草、うなぎなどで、ビタミンAをしっかり摂りましょう。

 

肌荒れに効くと話題のサプリメント

続きを読む≫ 2015/07/08 18:11:08